境内・施設のご案内

御本尊

御本尊

元々噂に霊験あらたかな阿弥陀佛像であったことから、
源平の時代に平重盛がこれを譲り本尊とし崇めていました。
源氏に追われた平家は西海に流され、壇ノ浦で最後を迎え、
佛像はその後大宰府に残され、国司によって筑前天山の御堂に
安置されました。

本堂

天文年間、行明上人によって建立された本堂は、雄大かつ荘厳な
伽藍であったと『筑陽記』に記されています。
正面を西向きにした現本堂は大正十三年の建立ですが、
妻入り入母屋形式は見事です。(平成十五年十月、修復落慶)

本堂

江戸時代のお拝口

江戸時代のお拝口

観音堂

観音堂

鐘楼

鐘楼

テキストサンプル

睡蓮

テキストサンプル

テキストサンプル

境内

住所:
福岡県筑紫野市天山234

電話番号:
092-926-2227

QRコード